シーサーキャンプとは

私たちの体験する世界をあなたに伝えたい

DEEP北海道ツアーにて

シーサーキャンプは、GENTEMのプロライダー、桑原シーサー知美が1999年から主催するひとクラス上を目指すあなたのためのキャンプ(クリニック)です。
技術が上達し、そのことで感じることができる本物の楽しさを感じてほしくて代表であるシーサーが始めました。

バフバフのパウダー、荒れたゲレンデの急斜面、ツリーラン、そして沢も壁もハーフパイプも・・
あらゆる雪質や地形でも楽しい!と思いたくはありませんか?
初めて滑る山の斜面でも自分が思い描くライン取りで滑ってみたいと思いませんか?

それらを実現する技術を自分のものにしてもらうためにまずはゲストのライディングをチェック。今の状態からNext Stepに何が必要なのかをアドバイスをしていきます。
出来なかった事が出来た時の喜びは継続する力になって、上手くなればなるほど見えてくる世界があります。
そんな本物の楽しさを伝えていくことが、シーサーキャンプのポリシーであり、何よりの喜びです。

キャンプ参加者の中には、毎年参加して自分の課題を見つけてシーズン中に練習する事を楽しみにしている方が多くみられます。また、参加者同士が仲良くなって連絡を取り合い、大事な仲間となっていく事もシーサーキャンプの大きな特徴です。
それは、代表であるシーサーが出会いを大切にするからこそなのです。

道東にて 撮影:TOMOKO OKAZAKI

マークコンセプト

シーサーキャンプのコンセプトは「持てるものを伝える」こと

SHEESA CAMPのCAMPとは共に過ごしスノーボードの向上に向かって活動する合宿。
三つのフラッグを掲げた楽しいテントサイトのようなマークが出来ました。

黄色のフラッグ:
光を表現。シーサーの最大の特徴である洞察力、観察力でゲストの状態を把握する能力を表現。

紫のフラッグ:
熟成を表現。シーサーの経験や考え方など「大人のスノーボードライフスタイル」の提案。

水色のフラッグ:
澄んだ道海を表現。透明な海は深くなるほど青色になる「20年以上の経験と経験が生んだスキル」を青色で表現。またサップやサーフィンでの経験も含む。

これら、つながった3つのフラッグは、「絆」や「出会い」、「つながり」を表現。
シーサーが大事にしているもの、キャンプで実現したいものを、このマークで表現しました。

代表プロフィール

はじまりは、衝撃的な出会い

1990年、とある雑誌で見たスノーボードの写真に衝撃を受けて北海道へ。
そのシーズンの終わり間際にニセコに移り住み、師とも仰ぐ玉井太郎氏と出会う。

ハーフパイプの大会で優勝してプロの資格を取ってからは、フリーライディングの魅力にはまり、ニセコの先人たちを追ってバックカントリーに入るようになる。
世界のレベルを知りたいと思って出場したアラスカやニュージーランドのエクストリーム大会では入賞するも、このまま勢いだけで滑っていては危ないと知り、もっとしっかりとした技術を磨きたいと思うきっかけとなる。

プロデビュー当初から男勝りの滑りで定評があり、数々のVIDEOやDVD、雑誌の撮影に参加し、女性フリーライディングの第一人者として現在も活動中。

2007年、アラスカでの撮影TRIP最終日に雪に隠れた岩にエッジがかかり転倒、36回も転がりながら滑落。命を落とさずに帰ってこれたことでまた新しいスノーボードライフにつながっている。

そして今。長く滑り続けることが何より大大切。夏のトレーニングにSUPを取り入れて体を作り、今なお進化を目指す。

撮影:TARO TAMAI

シーサーキャンプ代表

桑原シーサー知美

KUWAHARA SHEESA TOMOMI

94年BURTONプロ契約
99年よりGENTEMSTICK ライダーとして活動
96・97年「KING OF THE HILL」出場
96年「KING OF THE HILL」総合5位
98年「KING OF THE MOUNTAIN」フリースタイル 2位総合4位
99年以降からシーサーキャンプ設立

開発

レディスモデルの開発に参加

シーサーは、プロとしてスポンサーから道具を提供されるだけでなく、滑走技術の高さ、鋭い観察眼、経験の豊富さからくるアイディアの多さなどから、板やウェアなどの商品開発に多く携わっています。

代表作はGENTEM STICKのTRINITY。
シーサーのシグネチャーモデルとしては3作目のTRINITY、GENTEM STICKの女性モデルとしてはあまりにも有名。
女性だけではなく、小柄な男性にも是非試してもらいたい一本。

SHEESA SIGNATURE MODEL

TRINITY

GENTEM STICK http://www.gentemstick.com/

映像•DVD•雑誌

映像や雑誌への出演

出演映像:

persona, signatures, public sentiment, aura, icon3, icon4, icon5, icon6, icon7 雪降る時に・・, 他多数

掲載誌:

2010年アラスカトリップ 双葉社/FALL LINE 11 /「 きっとまたココに戻ってくる!/そんな女の子達のアラスカキャンプ」他

2007年アラスカトリップ 双葉社 FALL LINE 2008「 天国と地獄、それでもやっぱり天国の勝ち」他

ブログ

ニセコでのライフスタイルをご紹介

プロスノーボーダーとしても、一人の人としてもライフスタイルを大事にしているシーサー。そんな、ニセコでの生活の様子を垣間見ることできるかもしれない本人発信のブログです。
是非、のぞいてみてください。

http://sheesa.jugem.jp